千曲川県営水道工事業協同組合

組合について

ご挨拶

千曲川県営水道工事業協同組合は、長野県営水道の「指定工事業者」41社による、皆様の生活に欠かせない水をまもる技術集団です。昭和46年に協同組合となり、長野県営水道の発展と共に歩み、水道行政を民間として支えてまいりました。これまで培ってきた技術で水まわりのサービス向上に、ますます努めてまいりたいと思います。

日頃から、県営水道の安全で安心な水を供給し続けるため、長野県企業局の委託されています「修繕センター」があり、深夜問わず、365日年中無休・24時間体制の当番制で修理・サービスを行っております。さらには平成19年より長野県企業局と「水道施設災害時等応急措置に関する協定」を結び、緊急時の対応に備えております。「現場優先」を心に命じ、日々ライフラインの確立に組合員が一致団結し取り組んでおります。

私たち組合員各社は地元にしっかりと根付いた工事店として、長野県企業局及び市民の皆様の信頼をいただいていると自負しております。この信頼をより確かなものとするため、私たち組合では専門工事店として、常に新しい技術の習得や関係法令の周知徹底など研修活動を実施しています。また、資材の共同購入などを通じて、価格面においてもより良いサービスを提供できる体制を整えております。

健康増進の必要性が叫ばれる中、水は私たちの命を育むものでもあり、その重要性が見直されています。安全でよりおいしい「命の水」が蛇口を捻れば出るようにするのが私たちの使命です。

今後も皆様のご要望にこたえるべく、より一層のサービスの向上に努めて参りますので、今後とも関係各位の当組合に対するご理解とご協力、組合員に対するご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

理事長 金澤信幸 


千曲川県営水道工事業協同組合
〒388-8007 長野市篠ノ井布施高田1018-10